アドバイザーにセガの元役員が就任[VReS]のICOが登場!!クリックで詳細確認

VReS(ヴィーアールエス) ICO~VRを使ったeSportsを世界へ普及させるプロジェクトにセガの元取締役がアドバイザー就任

VReS ICO~VRを使ったeSportsを世界へ普及させるプロジェクト

eSports,,,オリンピック種目候補にも上がるほど世界で7000万人以上の競技人口がいてると言われているeSports、最近では年収1億円以上を稼ぐプロのプレーヤーもいてると話題。

VRをeSportsに取り入れ世界にもっと普及させるプロジェクトがVReSです。従来のeSportsとは異なり、VRなので今までと違った刺激的なプレイも味わえそうです。

VReSのサイトはこちら

eSportsとは?

エレクトロニック・スポーツの略で複数のプレーヤーとコンピューターゲームでスポーツ競技と捉え対戦することをeスポーツと呼んでいます。

競技人口は全世界で7000万人以上いると言われ、高額の賞金がかけられた世界大会も開かれプロのeSportsプレーヤーも出て来ています。最近では年収1億円以上を稼ぐプロもいるみたいです。

最近ではJリーグの公式esports大会【明治安田生命eJ.LEAGUE】が開催され話題になりました。

参考 Jリーグの公式esports大会【明治安田生命eJ.LEAGUE】ファミ通.com
MEMO
eSportsはプレイするだけでなく世界中で3億8,500万以上の視聴者がいるほど今話題になっているジャンルです。

格闘、レーシング、スポーツ、パズルなど様々なジャンルがあります。

世界で開かれる大きな大会

プロフェッショナルeスポーツの競技会として広く認められている物には8つの大会が存在する。

  1. ESLインテル・エクストリーム・マスターズ英語版
  2. Cyberathlete Professional League英語版
  3. World Series of Video Games英語版
  4. World Cyber Games
  5. World e-Sports Games英語版
  6. ESWC
  7. Evolution Championship Series
  8. Major League Gaming英語版

Point
2022年に中国・杭州市で開催が予定される2022年アジア競技大会では正式メダル種目になることが決定されてる

eSportsの問題点

そんな今話題のeSportsですが、実はIOCの会長であるトーマスバッハ氏は、「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」の取材に対し、次のように語っています。

「われわれは人々の間に非差別、非暴力、そして平和を広めたいと思っています。暴力や爆発や殺戮に満ちたヴィデオゲームは、この方針に合わないのです」

つまり、今世界的に人気のある既存のゲームでは、eSportsをオリンピック種目することは難しいかもしれないんです。

ただし彼は、「サッカーや野球といったスポーツゲームについては、将来オリンピックの競技となるかもしれない」

と譲歩もしています。

Point

これからのeSportsは残虐性のないゲームや、スポーツ系のゲームが主流となるのかもしれません

VReSの目的

目的
VReSは、グローバルVRゲームプラットフォームを提供することによってVReSportsを普及させることを目指しています。簡単に言えば、【VR✖eSports】ということになります。

VReS(ヴィーアールエス)は、VRを介すことで、日本に中々浸透しないeSports人気やユーザーを増やすことも目的としています。

【VReSportsを普及させるために設計された5つのプラットフォーム】

1.Multi-device Matching System

VReSプラットフォームでは、全世界のプレイヤーと異なるデバイス同士であっても、簡単に対戦マッチングをすることができます。

オンライン中のユーザーへ対戦リクエストを送ったり、VRチャット中でも対戦相手を探すことができます。

プレイヤー、はお互いのトークンを賭けあって対戦することも可能です。

2.Tournaments and Prizes

VReSプラットフォームでは、、様々なVReSportsの大会が常時開催されており、賞金としてトークンを受け取ることができます。

プレイヤーはトークンを使用して大会に参加することができ、公式大会、スポンサー主催の大会、ランキング戦などの他に、自身で大会を開催することが可能です。

詳細な参加条件を設定することで大会がオートスケールされ、管理者がいなくても自動的に開催されます。

3.Spectators VR Game and Sports Betting

VReSプラットフォームでは、大会の結果や対戦結果に対してスポーツベッティングをしたりすることが可能です。

参加者は、プレイヤーの対戦履歴を元に算定されたオッズを参考にベッティングすることができ、賞金はトークンにて支払われます。

4.Viewer System

VReSプラットフォームでは、観客はプレイヤーと同じVRゲームの世界の中で、対戦を視聴することができます。

仮想空間内のスタジアムに自宅から気軽にアクセスすることが可能となります。

また、観客はトークンを使って、プレイヤーやチームへチップを送り応援することができるようになります。

5.VR Game Companies

VReSのプラットフォームとプレイスペースをゲーム開発会社へ提供することで、VRゲーム市場との人気と成長を促進します。

また、VReSトークンを活用することにより、ゲーム収入や特別な限定商品の配当など、開発資金と投資家へのインセンティブを提供することができます。

VReSは、市場から一定数のトークンを買い戻すことで、気軽にトークンを購入し使用できる環境と、市場でのトークン流通数のコントロールを行います。

Tokenを使うメリット

対戦結果は、ブロックチェーンを使って管理するため、改ざんすることができません。また、トーナメントの報酬や、ベッティングの配当については、スマートコントラクト用いたシステムにて自動で支払われるため、安全性が担保されています。

VReSのサイトはこちら

解説動画

こちらはVReSのプロモーション動画になっています(英語)

VReSの強み

VReSはすでに、商業施設のロケーションVRとして中国を中心に、韓国、日本、アメリカ、ヨーロッパに展開をし、約3000店舗、ユニークユーザー1200万人を有するプラットフォーム運営会社と提携をしているため、すぐにでもロケーションVRとしてアテンド付きの施設でサービス展開することが可能です。

ICO詳細

VReSのサイトはこちら

  • 通貨名:VReS
  • 規格:ERC-20
  • 最大発行数:33億VReS

【プレセール】

  • 期間:5/28~6/16
  • 価格:1ETH=3910VReS(ボーナス15%)
  • ハードキャップ:7350ETH
  • 最小購入数:5ETH

【メインセール】

  • 期間:6/18~7/15
  • 価格:1ETH=3400VReS
  • ハードキャップ:29411ETH
  • 最小購入数:0.5ETH

アドバイザー

田畑俊哉(Toshiya Tabata)

  • サンリオにてテーマパーク開発を経験しセガへ入社。
  • ジョイポリス開発プロジェクトの統括
  • セガ執行役員・台湾セガ取締役・セガロジスティック取締役などのセガ関連の事業の統括を歴任。
  • セガ退社後の現在は、JPPVR株式会社の上席執行役員としてロケーションVRの普及について活躍中
  • 北日本通信工業やトムス・エンタテイメントの顧問を歴任

なかなか凄い経歴の持ち主の方がアドバイザーに就任しています

 

Abase Phillips

ICOで資金調達に成功した ZILLAのCEO

ZILLAは数あるICOを独自に精査してアプリ上でICOの情報が見れたりまた直接トークンを購入できだりを目指しているプロジェクトですでにベータ版はAndroid・Apple共にリリース済みです。

ZILLA(ジラ)世界中のICOをわかりやすく安全に!購入までをアプリで完結

登録方法

VReSのサイトはこちら

上のリンクより新規登録ページにいき【メールアドレス】【パスワード】を設定します

登録したアドレスにメッセージが届きますのでリンクをクリックして承認してください

ログイン画面にいき【メールアドレス】【パスワード】でログインできます

ウォレット設定

ログイン後にウォレットの設定をします。

※ERC-20対応のアドレスを入力してください

2段階認証の方法

2段階認証タブをクリック→設定する

QRコードを読み取って発行コードを入力

※secretキーとQRコードはもしもの時ように保管しておくことを強くオススメします

KYC方法

購入にはKYCプロセスを承認してもらう必要があります。

【プロフィール設定】を選択して【名前】【生年月日】【国籍】を入力してパスポートか免許証をアップロードしてください

上でアップロードしたものを持っているセルフィを撮影してアップロードします

※頭が切れていたり文字が見えないピンボケ写真はエラーになります。

KYCが承認されるとこのようなメッセージが届きます。

※承認されるまでの時間は私で10分ほどでした

購入方法

VReSのサイトはこちら

送信指定先アドレスにETHを送信するだけです

注意
取引所からの送信はNGです

※6/16まではプレセールですので最低購入数は5ETHです

新着情報

※随時情報をUPしていきます

質問まとめ

LINEにいただいた質問を随時更新していく予定ですのでこまめにチェックお願いします。

トークンはいつ配布されますか?

トークンは、ETH送信時に自動的に配布されますが、セール期間終了時までロックがかかります。

上場先はどこですか?

上場先はまだ公表されていません

テレグラムはありますか?

はい、あります。是非登録して新着情報をいつでもチェックできるようにしておくことをお勧めします。

https://t.me/vres_ico

アフィリエイトはありますか?

KYCプログラム認証後に発行されます。

儲かりますか?

投資に絶対がないのでわかりません。購入は自己責任でしてください。

MY ETHER WALLETを持っていません

こちらの記事で簡単に作れます。

My Ether Walletの登録の仕方

イーサリアム(ETH)を持っていません

こちらの日本の取引所に登録すれば簡単に購入できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

サポートお願いします

わかる範囲でお答えしますが投資についてのアドバイスはできません。

LINE@で質問&お得な情報GET

私のLINE@にぜひ登録してください。直接メッセージのやり取りをONにしてますのでわからないことがあれば質問ください。12時間以内に返事します。(ただし投資についてのアドバイスはできませんのでご理解ください)

最後に、、、

こちらで紹介しているものは私が独自で調べたものを日記的にまとめて記事にしているだけで投資をお勧めしているわけではありません。投資するかしないかの最終判断はご自分でお願いしています。購入の際は必ずサイトの利用規約をよく読み理解してからお願いします。 いかなる問題にも私は一切責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA